ZTE、昨年の米企業への支払額23億ドル超

中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)の幹部は11日、クアルコムなど米国企業211社に対する支払額が2017年に23億ドル超に上ったことを明らかにした。ZTEは米商務省による制裁措置で米国の半導体企業などとの取引が禁じられ、主力事業が今月停止した。
クアルコム、ブロードコム、インテル、テキサス・インスツルメンツへの支払額はそれぞれ1億ドルを超えたという。世界最大規模の通信機器メーカーとして、ZTEはクアルコムやインテルなどからの部品供給に依存していた。