H7N9型鳥インフル、流行期入る

10日付の中国紙・新京報(A14面)によると、中国国家衛生・計画出産委員会は9日、中国でH7N9
型鳥インフルエンザが流行期に入ったと明らかにした。このところ湖南省、江西省、貴州省などで相次いで
感染者が発生。特に江西省ではわずか9日間で感染者6人が確認されている。
専門家は、既に確認されている感染例では中高年がハイリスク群と指摘。生きた家禽(かきん)との接触
を避け、加熱していない肉を食べないよう呼び掛けている。