BMW、中国・長城汽車と契約に調印=ミニEVを合弁生産

ドイツ高級車大手BMWは10日、中国の自動車メーカー長城汽車と折半出資で中国市場向けに小型車ブランド「ミニ」の電気自動車(EV)を生産する合弁契約に調印した。両社は2月に趣意書に調印していた。
新会社は江蘇省に本部と生産拠点を構え、ミニと長城汽車のEVモデルの資材調達、開発、生産を行う。
BMWのクリューガー社長は「本日の合意により、中国・ドイツ間の協調関係が新しい段階に進む」と語った。
合弁設立にはなお中国当局などの承認が必要。
BMWは2019年から英オックスフォード工場でもミニEVの生産を開始する。中国工場での生産開始時期については明らかにされていない。