5月の中国外貨準備、142億ドル減の3.1兆ドル=昨年10月以来の低水準

中国人民銀行(中央銀行)は7日、今年5月の同国外貨準備高が前月比142億3000万ドル減の3兆1110億ドルだったと発表した。昨年10月以来の低水準。米ドル相場が大きく反発したほか、中国当局が国境を越える人民元の利用拡大に引き続き取り組んだため。
中国の外貨準備は昨年、2014年以来の上昇となり、国境を越える資本移動は流出超から基本的に安定的になった。
5月末時点の金準備は737億3900万ドルで、前月末の777億8800万ドルを下回った。