3月の中国乗用車販売、3.4%増

中国ニュースサイト、捜狐汽車研究室が11日までに報じたところによると、全国乗用車市場情報聯席会(乗聯会)がこのほど発表した3月の中国乗用車販売(小型商用車含む、出荷ベース)は、前年同月比3.4%増の215万7993台だった。1~3月期は前年同期比2.5%増の608万3283台。
3月のセダン、スポーツ用多目的車(SUV)、多目的車(MPV)の合計販売台数は前年同月比5.1%増の211万9341台。うちセダンは3.6%増の102万7900台、MPVは13.6%減の16万9946台、SUVは11.3%増の92万1495台。
1~3月のセダンは前年同期比0.6%増の286万1537台、MPVは15.3%減の46万5047台、SUVは11.8%増の266万5729台だった。
一方、11日の蓋世汽車資訊によると、乗聯会が発表した3月の中国新エネルギー乗用車(NEV)販売台数は前年同月比102%増の約5万6000台と、倍増した。うち電気自動車(EV)は約4万1000台、プラグインハイブリッド車(PHV)は約1万5000台。
1~3月のNEV販売累計は前年同期比136%増の約11万7000台だった。