18年に月面で生物実験=人類初、蚕など育てる-中国

中国が2018年に打ち上げを予定している月面無人探査機「嫦娥4号」で、蚕やジャガイモなどの生育実験を計画している。月面での生物実験は人類初になるという。国営新華社通信が13日伝えた。
実験は教育省と重慶大学などの研究チームが担当。「月面ミニ生態圏」と名付けた円筒形の実験機器は特殊なアルミ合金製で、直径16センチ、高さ18センチ、重さ3キロ。ジャガイモやシロイヌナズナの種、蚕の卵を土、水、空気とともに入れて育てる。100日間に及ぶ実験の映像を世界に中継する計画だ。