17年の訪日個人観光ビザ発給、24.5%増=リピーターも急増-上海総領事館

上海の日本総領事館が30日発表したデータによると、2017年の査証(ビザ)発行件数は185万4887件と、前年比6.1%増加した。団体観光ビザ発給件数が21.2%減の46万3972件と、大きく落ち込む一方、個人観光ビザは24.5%増の126万0076件と、大幅に伸びた。
秋以降は団体旅行も月間ベースで前年比プラスに転じ、下げ止まった。12月の団体旅行ビザ発給件数は前年同月比2.1%増加した。
また、最近はリピーターとして訪日する観光客が増えており、17年の観光マルチビザ発給件数は18万1220件と、前年比61.2%増加した。特に、高所得者向けマルチビザの発給が急激に伸びており、17年は10万8441件と、前年比2.8倍の水準に膨らんだ。
観光庁によると、訪日した中国人のうち、リピーターが占める割合は15年の27.5%から、17年は40.1%に拡大した。