1月の人民元建て新規融資、過去最高の2.9兆元

中国人民銀行(中央銀行)は12日、1月の同国の人民元建て新規融資額が過去最高の2兆9000億元になったと発表した。これまでの最高は16年1月の2兆5100億元。政策当局者は、債務に対するリスクを抑えつつ、底堅い経済成長を維持することを目指している。
中国の銀行は優良顧客を獲得してシェアを確保するため、年初に前倒しで融資を実施する傾向がある。
ロイター通信のアナリスト調査では、2兆元になると予想されていた。
1月の通貨供給量(M2)は前年同月比8.6%増。エコノミストらの予想は8.4%増だった。
融資残高は13.2%増加した。市場予想は12.5%増。2017年全体の人民元建て新規融資は前年比7%増の13兆5300億元となった。順調な経済成長、好調な不動産市場、リスクの高いシャドーバンキング(影の銀行)に対する取り締まりの強化を背景に、融資額が伸びた。
社会融資総量は3兆0600億元で、昨年12月の1兆1400億円元を大幅に上回った。