17年の大型パネル供給シェア、中国が首位に=相次ぐ設備増強で-調査会社

台湾系の市場業調査会社、集邦諮詢光電研究中心がこのほど発表したデータで、2017年の中国の大型液晶パネル供給シェアが韓国を抜き、世界一になる見通しであることが分かった。20年の世界シェアは50%近くに達する見込みだという。中国紙、経済参考報が14日までに報じた。
それによると、17年の中国製のシェアは35.7%と、台湾の29.8%、韓国の28.8%を抜き世界首位となる見通し。16年は首位は韓国の34.1%で、中国は2位の30.1%、台湾は3位の28.9%だった。
集邦の調査責任者、王靖怡氏によると、中国では政府の資金支援や巨大市場に引き寄せられ、大型パネル大手各社が生産能力を積極的に増している。一方、韓国勢は国内で旧世代のライン縮小を進めている。
韓国の生産能力縮小の影響で、17年の世界の大型パネル生産能力は2億4700万平方メートル、前年比伸び率は1.3%と、過去3年間で最も低い水準にとどまる見通し。
一方で、18年以降20年まで、中国で4カ所(安徽省合肥、広東省深セン、同広州、湖北省武漢)、米国(ウィスコンシン州)と韓国で各1カ所、第10.5世代の生産ライン計6本が、相次いで着工や生産開始を予定しており、生産能力も急激に拡大する見通しだ。
年間8~9%のペースで増強され、20年の生産能力は3億1800万平方メートルに達するという。