榊原経団連会長:AIIB参加、問題クリア後=「アジアのインフラ需要は膨大」

経団連の榊原定征会長は17日、首相官邸での会合後に記者団に対し、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)への日本の参加について「ガバナンス(組織運営)や運用制度の問題がクリアになれば、しかるべきときに(参加を)考えればいいのではないか」との認識を示した。安倍晋三首相がAIIB参加に関し、「疑問点が解消されれば前向きに考える」と発言したことを受けての発言。
榊原氏は、アジア地域に膨大なインフラ需要があることを指摘した上で、「AIIBがきちっと機能するような形にしていくべきだと思う」と述べた。