李中国環境保護相:大気汚染なお深刻=対策強化へ

中国の李幹傑環境保護相は23日、開催中の共産党大会に合わせて記者会見し、「大気汚染は依然、非常に深刻だ」と認めた上で、環境対策をさらに強化する方針を示した。
李環境相は、汚染防止の取り組みを進めている点を強調しながらも、「全国の338都市のうち、基準をクリアしているのは84しかない」と指摘。「人々の期待とかけ離れている」と述べた。
中国は現在、工場閉鎖などの厳しい環境対策を行っており、経済成長が圧迫され雇用不安を招く可能性も指摘される。これについて李環境相は「長期的、大局的に見れば影響はない」と語った。