日産、中国に1兆円投資=EV強化

日産自動車の中国合弁会社、東風汽車有限公司は5日、中国での電気自動車(EV)の開発や生産などで2022年まで
に600億元(約1兆円)を投資すると発表した。年間生産台数の3割をEVなどの電動車両にする計画。
中国全体の年間販売台数は22年までに17年比7割増の260万台に引き上げ、売上高3000億元を目指す。記者会見した関潤総裁(日産専務執行役員)は「世界で最もダイナミックであり、急成長する中国市場で成果を出したい」と意気込みを示した。
中国では、大気汚染抑制策の一環として、19年から、生産、販売台数のうち一定比率以上をEVなどにするよう義務付けられる。
他の日系各社も中国市場対策を急いでおり、トヨタ自動車は、EVを20年に本格投入する方針。ホンダは18年に、マツダも19年をめどにそれぞれEVを発売する準備を進めている。