小米、7月9日に香港上場へ

香港公共放送RTHKなどによると、香港証券取引所への上場を予定している中国IT機器大手の小米集団(シャオミ)は25~28日に新規株式公開(IPO)の購入申し込みを受け付け、7月9日に上場する見通し。
調達額は最大479億6000万香港ドル(約6700億円)となる。
目論見書によれば、21億8000万株(旧株7億4500万株含む)を発売し、公募価格は1株17~22ドル。1口200株で、最低投資額は4444ドルになる見込みという。
一方、中国政府系投資会社の中投中財娯楽(CICFHエンターテインメント)、中国移動、クアルコム、国家開発銀行私募ファンド、保利集団、順豊、招商局集団の7社が中核的投資家として計42億7500万ドルの出資を引き受ける。