対日関係を重視=北朝鮮問題で連携可能-中国首相

中国の李克強首相は10日、北京の人民大会堂で、日本国際貿易促進協会の河野洋平会長(元衆院議長)らと会談した。
李首相は「今年は中日国交正常化45周年。中国は中日関係を高度に重視している」と述べた。また、北朝鮮の核問題について対話を通じた解決を訴え、「中日間で共にできることがある」と指摘した。
李首相は「歴史をかがみに未来に向かう精神に基づき、関係を正常な軌道に戻すよう努力したい」と語った。ただ、中国は安倍政権に対する警戒を解いておらず、李首相の訪日を含む政治日程は話題にならなかった。また、李首相は北朝鮮問題をめぐる日中の協力についても具体的に言及しなかった。
一方、河野氏は「複雑な世界情勢の中、李首相が時間を割いてくれた。日中関係改善の気持ちの表れだ」と述べた。
河野氏を団長とする日本国際貿易促進協会の訪中団は9日に北京入り。15日までの日程で吉林、遼寧両省も訪れ、地元政府や企業関係者と交流する。