宝山鋼鉄、1~9月期は大幅増益 コスト削減が奏功

25日付の中国紙・中国証券報(A8面、B53面)によると、中国鉄鋼大手の宝鋼集団傘下で上海証取に上場する宝山鋼鉄(上海市)が同日発表した2016年1~9月期決算は、純利益が前年同期の2.5倍の55億9800万元となった。コスト削減が奏功したのが主因で、鋼材価格の上昇も寄与した。
売上高は9.20%増の1334億3500万元で、同期の鋼材販売量は半製品ベースで1727万トンだった。