安川電機、中国でロボット合弁生産へ

25日付の中国紙、中国証券報などによると、深セン証取の新興企業向け市場「創業板」に上場する電子部品メーカーの長盈精密技術(広東省深セン市)は24日、安川電機(北九州市)と産業用ロボットを合弁生産することで最終合意したと発表した。
投資額は1億元で、スマホ製造用ロボットなどを生産する。うち17年に500台の生産を計画している。
生産台数は18年に2000台、21年に1万台規模にそれぞれ引き上げる計画。
広東省東莞市に受け皿会社「広東天機機器人」(資本金5000万元)を新設。長盈精密が65%を出資する。安川側は、安川電機(中国)と安川通商(上海)実業の現地2社が共同出資する。