哈工智能、溶接ロボット受注=マツダの南京工場から-江蘇省

21日付の中国紙、中国証券報(B27面)によると、上海証取に上場する江蘇哈工智能機器人(旧江蘇友利投資控股)はこのほど、マツダと中国自動車大手、長安汽車の合弁会社、長安馬自達(長安マツダ、江蘇省南京市)から産業用ロボットを受注した。
受注したのは溶接用ロボット。受注額は9328万元で、2019年までに南京工場に納入される見込み。
ロボットは、哈工智能の完全子会社「天津福臻工業装備」(天津市)で生産する予定。