吉利のロンドンタクシーにPHV駆動システム供給=ボルボ

中国のニュースサイト捜狐新聞が25日伝えたところによると、スウェーデン高級車メーカー、ボルボ・カーズは、親会社である吉利集団(ジーリー、浙江省杭州市)が英国で手掛けるロンドン名物、黒塗りタクシー「TX5」のプラグインハイブリッドモデル(PHV)に、駆動システムを供給する。
駆動システムは、排気量1500cc3気筒ターボエンジンと独シーメンス製の電気モーターを採用。ボルボはTX5の計器板やスイッチ、電子機器、後輪サスペンション装置も提供する。ボルボのサムエルソン最高経営責任者(CEO)は「吉利グループ内で企業の枠を超えた部品・技術の共通化で、コスト競争力の強化につながる」と説明した。