全日空、中国就航30周年=成田空港で記念式典

全日本空輸は16日、中国定期便就航30周年を迎え、成田空港で記念式典を開いた。南日隆男成田空港支店長は式典で「お客さま、関係者の皆さまの支援のたまものだ」とあいさつ。女性スタッフとともに北京行きの搭乗客に記念のハンカチを手渡した。
全日空は1987年に同社初の中国路線定期便として成田-北京線を開設。現在は日本と、香港を含む中国12都市を結ぶまでに路線を拡充している。