中国の過剰生産で値崩れ=米貿易委のアルミ報告書

米政府機関の国際貿易委員会(ITC)は7日、中国のアルミニウム過剰生産が世界市場の値崩れを招いたとする報告書を発表した。米下院歳入委員会の要請を受け、分析した。
トランプ米政権は国家安全保障を理由にした鉄鋼、アルミの輸入制限措置を検討しており、報告書を参考にする可能性がある。
ITCは、世界全体のアルミ生産が2011~15年に約25%増加したと分析。「中国の急激な生産拡大が主因だ」と指摘した。過剰生産とコスト減少の結果、国際価格がこの期間に約30%低下し、米産業が影響を受けたとの見方を示した。