中国の吉利、ダイムラー株式取得へ=EVでIT企業に対抗-独日曜紙

独日曜紙ビルト・アム・ゾンタークは4日、スウェーデンのボルボ・カーズなどを傘下に置く中国の浙江吉利控股集団が、独自動車大手ダイムラーの株式を取得する意向だと報じた。消息筋によれば、最大株主となる可能性もあるという。現行の単独最大株主は約6.8%を所有するクウェート投資庁。
同紙によると、浙江吉利の李書福会長は既にダイムラーのツェッチェ社長と面会し、電気自動車(EV)市場への参入を狙うアップルやグーグルなどの米IT大手に対抗するため、協力したいと説明したという。幼少の頃から自動車好きだったという李会長は、民間自動車メーカーの吉林汽車を設立し、ボルボやロンドン・タクシーなどを生産している。