中国との鉄道整備契約、来月4日調印=プラユット首相-タイ

30日付タイ英字紙バンコク・ポストは、プラユット首相が9月4日に中国と進める鉄道整備事業のうち鉄道建設の監督に関する契約に調印すると伝えた。事業費は35億バーツ。同首相は、新興5カ国(BRICS)首脳会議出席のために訪れる中国福建省アモイで契約に調印する。
アーコム運輸相によると、今回の契約への調印は29日の定例閣議で承認された。中タイ両国は、バンコク-ナコンラチャシマ間(253キロ)を結ぶ鉄道整備のデザインと建設監督に関する二つの契約を締結することで合意している。両契約による事業費は52億バーツ。
タイ政府は鉄道建設費として1190億バーツの予算を確保。関連システムや施設を含む総事業費は1790億バーツを見込む。