テンセントの人気ゲーム「王者栄耀」、欧米進出か=米通信社

8日付の日刊紙・香港経済日報(A3面)などは、米ブルームバーグ通信の報道として、中国インターネットサービス大手、騰訊(テンセント、広東省深セン市)の人気スマートフォンゲーム「王者栄耀」が欧米市場に進出するとの見通しを伝えた。早ければ9月にも配信を始める見込みだが、具体的なスケジュールは決まっていないという。
消息筋によれば、騰訊は現在、スマホゲームの海外進出を加速させており、王者栄耀は米国、フランス、イタリア、スペイン、ドイツを視野に検討している。米ワーナーブラザーズ・インタラクティブやDCエンタテインメントなどと協力し、欧米向けゲームには欧米の人気キャラクターを登場させるなどしている。
今回の報道について、騰訊の広報担当者は「うわさにすぎない。具体的なスケジュールは何も決まっていない」と返答した。
王者栄耀は既にタイ、台湾、ベトナムなどで海外版を配信している。ユーザー数は全世界で2億人を超え、1日当たりのアクティブユーザー(DAU)は5000万人以上。あまりの人気ぶりに、中国共産党機関紙・人民日報のニュースサイト「人民網」がゲームを批判する論文を掲載するなど、社会現象となっている。