セブンイレブン、南京に江蘇省1号店オープン

5月31日の中国ニュースサイト、中国江蘇網が伝えたところによると、コンビニエンストアのセブンイレブンは30日、南京市で江蘇省1号店をオープンした。
セブンは南京に本拠を置く有力小売業者、金鷹商貿集団に江蘇省でのフランチャイズ権を付与した。1号店は珠江路の商業施設「金鷹天地」1階に開設された。

セブンは2018年末までに市内で30店舗を展開、19年には同省の他都市に進出し、今後3年以内に同省内で1000店舗を開設する計画だ。
南京ではローソンが17年8月、日系コンビニとして初めて進出し、5店舗を同時オープンした。