シャープ、中国ハイセンスを提訴=米国で特許侵害

シャープは18日、中国電機大手の海信集団(ハイセンス)グループ3社が米国で製造・販売するテレビでシャープの特許を侵害したなどとして、損害賠償などを求める訴訟を17日、ニューヨーク州の連邦地方裁判所に起こしたと発表した。
シャープは、インターネットに接続できるハイセンスのテレビが、シャープ保有の無線LAN関連特許を侵害していると主張。損害賠償のほか、特許侵害の認定や、特許を侵害した製品の製造・販売の永久差し止めなどを求めている。
今回の訴訟は、ハイセンスが自社ブランドで販売するテレビが対象。シャープは2016年1月から、ハイセンスが米国で販売するテレビにシャープブランドを使用することを許可しているが、低品質の製品を販売してシャープの評判を落としたなどとして、ブランドの使用差し止めと損害賠償を求める訴訟も別に起こしている。