アジア投資銀、エジプトに230億円支援=初のアフリカ向け

中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)は5日、エジプト向けに最大2億1000万ドル(約230億円)の資金支援を行うと発表した。アフリカ諸国への支援は初めて。
計11件の太陽光発電プロジェクトが対象で、地球温暖化対策に取り組むエジプトを支える。世界銀行グループの国際金融公社(IFC)との協調融資とし、さらに民間資金も活用する計画だ。
中国福建省アモイでは5日まで新興5カ国(BRICS)首脳会議が開かれ、計10カ国による拡大会合にはエジプトのシシ大統領も招かれた。
習近平国家主席はアモイで同日行ったシシ氏との会談で、中国が進めるシルクロード経済圏構想「一帯一路」に触れ、「エジプトを一帯一路の拠点国にしたい」と表明。中国企業のエジプト進出も後押しする方針を示した。