アサヒ、牛乳事業売却=ビールに集中

アサヒグループホールディングスが中国の牛乳事業から撤退することが9日までに分かった。
山東省にある二つの関連会社の株式を全て、中国食品大手の新希望集団に売却する。関係者は「ビール事
業に集中するため」と説明している。
アサヒは2006年、野菜や果物を生産する「山東朝日緑源農業高新技術」を設立。08年に「山東朝日
緑源乳業」を立ち上げ、アサヒブランドの高級牛乳を生産している。
関係者によると、牛乳は物流などの問題で販路が思うように広がらず、業績低迷から抜け出せなかった。
ビール事業に力を入れるため、売却を決めた。アサヒブランドは今後2年ほど残す。
アサヒは中国大手の青島ビールと資本提携し、現地工場で「スーパードライ」などを生産している。高所
得層の拡大に伴い外国ブランドの高級ビールが好調で、アサヒの16年の中国ビール販売量は前年比2割増
だった。