M&Aはディールが成立したら、全ての経営課題を解決してくれるものではありません。
ここでは、M&Aによるメリットとデメリットを、買い手と売り手の両方の視点から見てみましょう。

買い手・売り手にとってのM&Aのメリット

買い手側から見たメリットは以下になります。新市場への進出や既存事業の強化、コスト削減の3つが買い手側から見た主なメリットだと言えるでしょう。

新事業進出に要する時間短縮

新規事業分野において既に事業を運営している企業を買収することで、新規事業分野進出に要する時間を短縮できます。

既存事業の強化

自社の事業の強化を目的にして、強化部分に強みを有する企業を買収することで、自社の事業の強化を達成できます。

共同購買、共同部門設置等によるコスト削減

同業の事業を運営している場合、事業の重複部分を削減することでコスト削減を達成できます。

 

売り手から見た場合のM&Aのメリットは以下になります。

創業者利益の確保

株式の大半を所有する創業者が持分を売却することで、創業者は創業者利益を確保することが可能になります。

会社の存続を維持

これまで経営をしてきた企業において後継者が不在の場合には、会社を売却することで新しいオーナーの元で会社を存続させ、従業員の雇用を維持することが可能になります。

信用力の向上

買い手企業のネームバリューが高い場合には、売り手企業は金融機関等からの資金調達が容易になります。

不採算事業の撤退手法としての活用

不採算事業から撤退することで、会社の利益性を回復・維持・向上させることが可能になります。

 

買い手・売り手にとってのM&Aのデメリット

M&Aによって買い手側、売り手側がメリットだけを享受できるとは限りません。ディールが成立した後の経営統合の成否によって、M&Aが成功したかどうかが変わります。以下のようなデメリットを想定しておくことで、ディールを成立させる確認しておくことや、経営統合フェーズにおいて迅速かつ適切な対応が必要となります。

風土の違い

社風や労務関係の相違により、買い手企業と売り手企業との間でトラブルが発生する可能があります。

不要な資産や簿外債務等の引継ぎ

デューデリジェンスによる調査が不十分な場合、売り手企業の簿外債務等を発見できない可能性があります。

リストラクチャリング

買い手企業から、売り手企業は大幅なリストラクチャリング(雇用だけでなく、事業全体の再構築)を強制される可能性があります。

 


本ページに関するご相談、お問い合わせはこちらからお願いします。