M&Aとは

M&Aとは、『Mergers and Acquisitions(企業の買収と合併)』の略語になります。広義のM&Aという意味では、企業間の買収と合併だけでなく、資本提携や業務提携なども含まれます。近年、後継者難による廃業を余儀なくされる中小企業が多いものの、そのような中でM&Aは第三者に事業を譲り渡す事業承継という側面をもつため注目を浴びており、現在は事業承継を含めた中小企業のM&Aも一般化されてきています。

一方、大企業においても、国際競争力を維持すべく、今まででは考えられなかったような買収や経営統合、合併といった再編は金融恐慌後も続いています。M&Aというと、日本ではまだまだ「乗っ取り」というイメージが一部残ってはいますが、M&Aの必要性、重要性が問われる時代となっています。

M&Aの種類

M&Aにも、以下の図のように様々な形態があります。買い手、売り手のそれぞれの目的や優先項目に応じて、最適なスキームを検討することが、ディール成立後の経営統合や提携の成功を左右します。

 

M&Aサービスの流れ

M&Aのディールは、買い手側と売り手側でそれぞれ異なる部分があります。弊社のM&Aアドバイザリーサービスの流れについては、以下をご覧下さい。

売却の場合
買収の場合

また、弊社のM&Aアドバイザリーサービスに関する特徴についてはこちらをご覧下さい。


本ページに関するご相談、お問い合わせはこちらからお願いします。

お問い合わせ