代表者紹介

代表取締役  松本 晋(まつもと すすむ)  法政大学 法学部法律学科 卒業

1992年 4月  株式会社三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行

2005年 4月  同行退職

2005年 9月  有限会社エムエス・コンサルティング設立  代表取締役就任

2006年 6月  同社代表取締役辞任

2006年 6月  株式会社新生銀行入行  ビジネスディベロップメントユニット次長

2007年12月  同行退職

2008年 1月  有限会社エムエス・コンサルティング  代表取締役就任

2009年 5月  電素(上海)貿易有限公司  総経理就任

2010年 9月  MS(湖州)企業管理有限公司設立  董事長就任

2010年11月  MS(上海)企業管理諮問有限公司  董事長就任

——————————————————————————–

1992年4月に三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)へ入行。同行在籍時は4支店にて外交(渉外)業務に携わり、企業向け融資を中心に商業銀行業務を幅広く経験。個人富裕層、ベンチャー企業から上場企業など幅広い顧客層への営業経験があり、特に企業取引新規営業において多数の実績を残す。

UFJ銀行(当時、現三菱東京UFJ銀行)を退職後、銀行員時代に自ら担当した顧客から事業承継問題に絡む会社売却の相談を受けたことがきっかけで当社を設立し、M&Aを中心とした企業向けコンサルティングサービスを開始。その後、前述M&Aが一段落したことにより一旦当社を離れ、新生銀行に入行。

新生銀行では上場企業取引新規営業部門の創設に参画。新生銀行の特徴である投資銀行業務に力点を置いた営業スタイルと三和銀行時代に培った商業銀行業務のノウハウを融合させ、コーポレートローンから債権流動化、M&A、エクイティファイナンス等幅広い企業ニーズに合致した営業活動を行い、多数の実績を残す。

2008年1月に当社に復帰。自分が得意とする企業取引の新規営業を積極的に行い、600社以上の企業とリレーションを構築し、事業戦略や財務戦略を中心としたコンサルティング業務やM&A等で複数の案件を手掛ける。その後、電素(上海)貿易有限公司の総経理に就任したことをきっかけとして、日本企業の中国進出支援業務を開始。現在では上海・湖州(浙江省)に現地法人を設立し、日本企業のみならず、中国企業への対日ビジネス支援を手掛け、多数の中国企業や地方政府との強いリレーションを構築。